2020.12.20

今季J1、川崎フロンターレ以外で面白いチームはあったか?

  • 岸本勉/PICSPORT、佐野美樹●撮影 photo by Tsutomu Kishimoto/PICSPORT,Sano Miki

設問:今季J1で、川崎フロンターレ以外で面白いチームはあったか?

回答:はい。

浅田真樹(スポーツライター)

昨季よりレベルアップした試合を、いくつか見せていた横浜F・マリノス昨季よりレベルアップした試合を、いくつか見せていた横浜F・マリノス  川崎フロンターレの強さが際立った今季J1だが、内容的に見れば、現実的で手堅い(要するに退屈な)サッカーではなく、自らアクションを起こすスタイルを志向するチームは多かった。実際、川崎に数少ない土をつけた大分トリニータやコンサドーレ札幌は、旧態依然とした弱者の論理で挑んだわけではない。

 それはJ2降格なしの特別ルールがあったからできたことかもしれないし、だからこそ、川崎の独走を許す結果になったのかもしれない。だが、異例の超過密日程にもかかわらず、今季がそれなりに見応えのあるものとなったひとつの要因ではなかっただろうか。

 結果のうえでは期待外れに終わった感のある昨季王者の横浜F・マリノスも、順位から想像するような内容のサッカーをしてはいない。

 確かにシーズン途中、昨季の強さが見る影もないほど酷い試合もあるにはあったが、その一方で、いくつかの試合では、昨季からさらにレベルアップした内容を見せている。

 たとえば、第20節のヴィッセル神戸戦や、ルヴァンカップ準決勝の柏レイソル戦。いずれも、ちょっとしたボタンのかけ違えで敗れた試合ではあるが、相手をアタッキングサードに閉じ込め、多彩な崩しのパターンで何度もサイドを突破していく連続攻撃は、昨季以上の迫力があった。

 もちろん、結果が出なかった以上、問題を抱えていたことも事実だが、昨季J1を席巻した現代的で上質なサッカーは、決して頭打ちになったわけではなかったと思う。