2020.07.20

久保建英世代が躍動。福田正博は斉藤光毅らの成長に希望の光を見た

  • text by Tsugane Ichiro
  • photo by Getty Images

 課題は体のキレで勝負するタイプの彼が、シーズンを通して活躍できるか。そのためには、試合のなかで力を入れるところと抜くところを、いかに身につけるかがポイントだ。私も現役時代はキレで勝負するタイプだったが、パフォーマンスがフィジカルコンディションに左右されやすいために、プレーに波が出やすかった。

 ただ、その波を小さくすることが年間を通したチームへの貢献だと気づければ、長谷川も、もうひと皮剥けて、リーグ屈指のアタッカーになっていくはずだ。

 Jリーグは再開されたばかりで、選手にとって最もキツイ梅雨時期に始まったこともあり、まだコンディションが万全でない選手もいる。タイトなスケジュールがつづくなかで、今回取り上げた選手たちがどんなプレーをしていくのか興味深い。また、ほかの選手たちがここから強烈にアピールしてくれることにも期待している。

関連記事