2020.03.26

14年前に全国V。野洲高の10番は
なぜプロ入りしなかったのか

  • 鈴木智之●取材・文 text by Suzuki Tomoyuki
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

 インタビューの終わりに、平原は「今でもプロとしてプレーしている仲間がいるのは、うれしいですよね」とつぶやいた。

 野洲が優勝を遂げた14年前、『サッカーインテリジェンス』という言葉は一般的ではなかった。そんな時代にあって、平原のプレーはインテリジェンスの塊だった。その意味では、”早すぎた天才”だったのかもしれない。

 プロになる夢は叶わなかったが、野洲高の10番が見せたプレーは、記録と記憶の中で輝き続ける。そのきらめきは、決して色褪せることはないだろう。
(おわり)

関連記事