2020.03.26

14年前に全国V。野洲高の10番は
なぜプロ入りしなかったのか

  • 鈴木智之●取材・文 text by Suzuki Tomoyuki
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

2020年のセクシーフットボール 野洲高校メンバーは今
平原 研(2)  (1)はこちら>>

今から14年前。「セクシーフットボール」と呼ばれた、卓越したボールテクニックとコンビネーションによるサッカーで、並み居る強豪を倒して全国初制覇を成し遂げた、滋賀県の野洲高校を覚えているだろうか。ファンの熱狂を呼んだあのサッカーを当時のメンバーに聞く。

◆ ◆ ◆

 攻撃的かつ多彩なプレースタイルで、2005年度の全国高校サッカー選手権大会で日本一に輝いた、滋賀県立野洲高校。優勝メンバーのうち、青木孝太(元ジェフユナイテッド市原・千葉など)や楠神順平(元川崎フロンターレなど、現南葛SC)、乾貴士(現エイバル)など、6人がプロになった(ほかに、内野貴志/現MIOびわこ滋賀、田中雄大/現ブラウブリッツ秋田、荒堀謙次/元栃木SCなど)。

全国優勝した14年前の野洲高校で、チームメイトから「いちばんうまい」と認められていた平原研 そんなタレント集団で背番号10を背負い、チームメイトが「ケンがいちばんうまい。天才です」と口をそろえるのが、平原研だ。

 しかし、彼にプロからのオファーはなかった。

 もっとも彼自身は、高校2年生の時に「プロは無理やろうな」と思っていた。