2020.03.16

覚醒した柏の10番。江坂任は
マルチな能力で助っ人モンスターを操る

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by Getty Images

2020年シーズン開幕で見つけた
今季要注目のJリーガー(7)
江坂任(柏レイソル/MF)

 思わず記者席で立ち上がってしまうほど、鮮やかな先制ゴールだった。

 13分、右サイドのオルンガからのグラウンダーパスをエリア手前で受け取ると、寄せてきたDFを巧みなステップで抜き去り、左足を一閃。対角線上に放たれた鋭い一撃は相手GKの指先をかすめ、瞬く間にネットへと吸い込まれた。

2018年から柏の背番号10を託された江坂任 2年ぶりにJ1の舞台に戻ってきた柏レイソルは、この一撃で勢いに乗ると、怒涛のゴールラッシュを展開。北海道コンサドーレ札幌相手に4ゴールを奪い、4−2とJ1復帰戦をド派手に飾っている。

「いい位置で受けられましたし、受けてからも落ちついてDFを見られたのがよかった」

 江坂任は、自身の先制ゴールを冷静に振り返った。

 この先制点だけではない。20分には絶妙なフィードを背後のスペースに落とし、オルンガのゴールをアシスト。さらに58分には、カウンターの流れからチームの3点目も奪っている。2得点1アシストと文句なしの活躍で、勝利の立役者となったのだ。