2020.02.18

横浜FCはJ1で通じるか否か。
若手の攻撃で感じた劇的成長の期待

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

 J2では成り立っていたプレーが、J1チーム相手には思うように通じない。そうした現実を目の当たりにし、次第に広島ペースに飲み込まれていった。

 25分に先制点を許すと、無理をしなくなった広島の守備はより強固となり、攻め手を失っていく。さらに痛かったのは、後半早々に2点目を失ったこと。

 この時間帯、広島は追加点を奪おうと、前からのプレッシングを強めていた。そのプレスを横浜FCはかいくぐれずに、ビルドアップで痛恨のミスを犯してしまう。危険な位置でボールを失い、2点目を奪われてしまったのだ。

「2失点目のミスは痛かった」

 そう悔やんだ下平監督は、「目に見えない圧というか、アプローチのスピードやプレッシャーのところで、レベルが違うと感じました」と、力の差を痛感していた。

 当然、経験の浅い選手たちがひとつ上のレベルに身を投じたのだから、戸惑うことは多かっただろう。2点のリードを奪われたあとも、余裕を持った広島の堅守を打ち破ることができず、ほとんど反撃の糸口を見いだせないまま、敗戦を受け入れている。