2020.02.18

川崎Fがシステム変更も上々の成果。
ガツガツいった若手FWも「買い」だ

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio2

 2007年から2009年に鹿島アントラーズが成し遂げて以来、2クラブ目となるJ1での3連覇を狙った昨季の順位は4位。優勝どころか、4シーズンぶりにトップ3入りも逃した川崎フロンターレは今季、2016年以来となる"AFCチャンピオンズリーグのないシーズン"を戦う。

 ある種のステイタスをともなうACLに出場できないことで、少なからず喪失感をともなうシーズンにはなるだろうが、その一方で、ACLの負担がないことは、国内タイトルだけに集中できる大きなチャンス。覇権奪回、さらには、将来的にJリーグ屈指の強豪クラブとしての地位を確立していくためには、非常に重要なシーズンを迎えているとも言える。

 そんな川崎が、今季最初の公式戦となるルヴァンカップのグループリーグ初戦で、清水エスパルスを5-1と下した。

 立ち上がりから試合の主導権を握って相手を押し込んだ川崎は、前半10分に左サイドの崩しからFWレアンドロ・ダミアンが、23分には右サイドの崩しからFW長谷川竜也が、立て続けにゴールを決め、瞬く間に2点のリードを奪った。

 2-0で迎えた後半は、先に反撃のゴールを許すも、その後に3点を加えて大勝。相手に主導権を握られる時間帯もあったが、失地回復を目指すシーズンで、まずは幸先のいいスタートを切ることに成功した。

 鬼木達監督が語る。

「選手がキャンプからやってきたことを前面に押し出してやってくれたことが、よい結果につながった。当然、修正点もいっぱいあるが、今持っている力をしっかりと出したいいゲームだった」