2020.02.12

横浜F・マリノスの未来は明るい。
トップと同じスタイルでユースが躍動

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

 Jリーグの新たなシーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP。9人連続PK失敗という”珍事”も起こるなか、昨季天皇杯王者のヴィッセル神戸が、同J1王者の横浜F・マリノスを下して初優勝を遂げた。

 最終的にPK決着で明暗が分かれる結果にはなったが、互いが3点ずつを取り合うシーソーゲームは、新シーズン最初の公式戦にしては質が高く、単純に見ていて面白い試合だった。両チームともに、今季J1で優勝争いに加われるだけの実力があると、示すことができたのではないだろうか。

 さて、そんな好ゲームの前座として行なわれたのが、NEXT GENERATION MATCH。日本サッカーの将来を担うユース年代の選手たちが出場したその試合で、”兄貴分”に負けず劣らずの戦いを見せたのが、横浜FMユースである。

日本高校選抜に快勝した横浜F・マリノスユース この試合、日本高校サッカー選抜(以下、高校選抜)と対戦した横浜FMユースは、3-2で勝利。試合終盤こそ、高校選抜の猛攻に押し込まれる時間もあったが、40分ハーフの試合全体を通じて、概ねボールを支配し、ゲームをコントロールしながらの勝利だった。