2019.12.21

フェルナンド・トーレスには
「絶対に忘れない」Jリーグの試合がある

  • 井川洋一●構成・文 text by Igawa Yoichi
  • 松岡健三郎●撮影 photo by Matsuoka Kenzaburo

Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由

元サガン鳥栖 フェルナンド・トーレス(3)

今年27年目のシーズンを終えたJリーグ。現在は、じつに多くの国から、さまざまな外国籍選手がやってきてプレーするようになった。彼らはなぜ日本でのプレーを選んだのか。日本でのサッカーや、日本での生活をどう感じているのか? この連載では、彼らの本音を聞いていく。

◆ ◆ ◆

「残念ながら、最初の(2018年)シーズンは残留だけが目標だった。僕が入団した頃、サガン鳥栖は順位表の下のほうにいた。ただ難しい状況ではあったけれど、選手やクラブの人々、そしてファンはあきらめずに戦い、見事に残留にこぎつけたんだ」

Jリーグでのプレーについて語った、フェルナンド・トーレス フェルナンド・トーレスは昨シーズンを振り返って、そう話した。彼の言葉どおり、鳥栖に加入した頃、チームは降格圏に沈んでいた。トーレスがピッチに立ち始めてから初白星まで4試合を要し、彼自身のゴールは8試合目のガンバ大阪戦だった。

 3-0の快勝を収めたこの第24節では、1ゴール、2アシストと全得点に絡む活躍を披露。しかし本人の記憶にもっとも残っているのは、別の試合と得点だという。

「(第33節の)横浜F・マリノス戦のことは絶対に忘れないよ。あれが僕のJリーグでのハイライトだと思う。前半に相手に先制され、そのままいけば、いよいよ降格の危機が待っていた。でも後半に1点を返すと、スタジアムの空気が一変したんだ。サポーターの応援にいっそう力が入り、チームを信じられるようになり、人々の目には希望の光が灯り始めた。僕はそれをはっきりと覚えているよ。

 そして僕が逆転ゴールを決めると、多くの人々が喜びを爆発させ、なかには涙を流している人もいた。ほんの少し前には、試合経過に不安を覚え、落胆していたのだから、喜びもひとしおだったはずだ。もちろん僕ら選手たちもそうだった。みんなのハッピーな顔はずっと覚えているよ。

 あの試合にはフットボールの醍醐味が詰まっていた。ひとつの試合のなかで、さまざまな感情を味わうことがきたのだから。それがフットボールだ。90分間で、あらゆる感情が湧き上がるものなんだ」