2019.08.04

イニエスタが守備に全力疾走。
関西ダービーは両軍の今後の迷走を暗示

  • 中山 淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by Getty Images

 お互い順位浮上のきっかけにしたかったはずの注目の関西ダービーは、この夏に戦力整備を敢行した両チームにとって、ポジティブにもネガティブにも受け止められる微妙な試合となった。

神戸とG大阪の関西ダービーは、2-2のドローに終わった「2点目もカウンターから取れましたし、それ以外にもチャンスを作れていたなかで、PKで失点してから難しい流れになったと思います。3点目のチャンスもありましたし、我々としては勝点2を失ったというか、もったいない試合をしてしまったと思っています」

 試合後にそう語ったのは、アウェーのガンバ大阪を率いる宮本恒靖監督だった。

 前半8分に矢島慎也のロングフィードから倉田秋がフィニッシュ。幸先よく先制し、さらに後半53分にはカウンターから宇佐美貴史、倉田とつないだボールをパトリックが決めて追加点。ガンバが2点リードした時に、勝敗の行方はほぼ決したと思われた。

 ところが試合終盤の78分、試合の流れを大きく変えるジャッジが下される。

 ガンバの福田湧矢が自陣ボックス内でホームのヴィッセル神戸の古橋亨梧のドリブルに対して背後からチャージ。佐藤隆治主審はトリッピングの反則を取り、ヴィッセルにPKが与えられたのである。

 たしかにボックス内で不用意に足を出してしまった福田は反省すべきだが、スロー映像で振り返れば、このプレーに対して自信を持って足を刈るジェスチャーでPKの判定を下されるのは、やや酷な気がした。

 これで得たPKをイニエスタがキック。一度は東口順昭にセーブされるも、冷静にリバウンドをコントロールしてネットを揺らすと、試合の流れは堰を切ったようにオープンな展開になった。ヴィッセルに同点ゴールが生まれたのは、その5分後のことだった。

 試合後に宮本監督が「勝ち点2を失った」と振り返った理由である。