2019.07.11

スタジアムに足を運ぶ幸せを届けたい!
ガンバ大阪が試みる集客戦略

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa

横の連携を強め、
クラブ一丸となって取り組んだ
さまざまな集客の”仕掛け”

 ゴールデンウィークの最中に行なわれた5月4日のFC東京戦。パナソニックスタジム吹田の場外広場『Gパーク』は人で溢れかえっていた。なかでもひと際、にぎわいを見せていたのが「家族連れや仲間と楽しめるイベントを」と企画された『働く車 大集合!』だ。

 この日は、夏の暑さを思わせる好天に恵まれたこともあってだろう。ズラリと並んだ消防車やパトカー、白バイ、高所作業車、ショベルカーの前には、たくさんの親子づれが列を作り、子どもたちが消防服を着て消防車に乗り込んだり、高所作業車のゴンドラに乗って高さを体感するなど、憧れの『車』を前に、笑顔を見せた。

『働く車 大集合!』のイベントは多くの親子づれでにぎわった。photo by Misa Takamura「今年に入り、誰に向けてイベントをして、どういうふうに楽しんでもらいたいか、を意識してGパークでの試合前イベントを考えてきたなかで、東京戦は『ゴールデンウィークにどこに出かけようか』という興味の矛先が、ガンバ大阪の試合に向けられればいいな、というところから企画をスタートしました。結果的に、たくさんのお子さんの喜ぶ顔を見ることができてよかったです。

 Gパークは屋外なので雨にならないか心配でしたが、幸い、天気も味方をしてくれました。この東京戦を皮切りに、クラブとしては初夏のレジャー時期に家族で楽しめるサービスを提案しようと、(5月~6月の)ホーム4試合を『家族で楽しむガンバファミリーランド!』と称して試合ごとに趣向を凝らしたイベントを企画しましたが、その初回来場者数が3万3000人を超えて、上々の滑り出しになりました」

 そう話してくれたのは、ガンバ大阪顧客創造部集客イベント・デジタルマーケティング担当課長、竹井学氏だ。

 今シーズン、チーム成績としては苦しむガンバ大阪だが、実は営業面で飛躍的な伸びを見せている。その証拠に、ホームゲームにおける平均入場者数は第16節(6月22日)を終えた時点で、前年度比121%という伸び率だ(表1参照)。

◆表1

©GAMBA OSAKA それを後押ししているのが、竹井氏の言葉にある「誰に向けてイベントをして、どういう風に楽しんでもらいたいか」を意識した”仕掛け”だ。