2018.12.20

39歳GK南雄太は、「永遠のような
失点のループ」に耐えて進み続ける

  • 小宮良之●文 Komiya Yoshiyuki photo by Etsuo Hara/Getty Images

短期集中連載・昇格と降格のはざまで戦った男たち(1)~南雄太(横浜FC)

「この負け方だと、涙も出ないですよ」

 12月2日、横浜。試合後、ミックスゾーンに出てきた彼は、引きずっていたスーツケースを止めて言った。どうにか笑みを絞り出したのは、プロフェッショナルの意地か。しかし、滲む苦みで顔は強張っていた。

 1998年、柏レイソルに入団すると、彼はすぐにポジションをつかんでいる。18歳でスタメンを張るGKなど、ほとんどいない。以来、21年間、Jリーグでゴールマウスを守って、酸いも甘いも噛み分けてきた。

 しかし、夢の列車を乗り逃した直後、整理できない感情の蜂起が行き場をなくしているようだった。

「これもサッカーっすね」

 39歳になるGKは、大きな身体を折り曲げ、少し視線を落として言い、混乱する心を呪文のような言葉で封じ込めた――。

J1参入プレーオフ2回戦で東京ヴェルディに敗れた横浜FCの南雄太 横浜FCのGK、南雄太は今シーズン、J1昇格を懸けて戦っている。J2で3位と躍進したチームに守護神として貢献し、J1参入プレーオフに出場。2回戦で東京ヴェルディと戦うが、0-0で迎えた後半、アディショナルタイム6分で敗れ去っている。

 ドローなら勝ち上がれる条件のもと、あと60秒、守り切ればよかった。東京VのCKから相手GKにヘディングシュートを打ち込まれ、南の右手が反応してどうにか弾いたが、こぼれ球をFWに押し込まれた。無情な結末だった。