2018.12.01

鹿島以前はMFだった西大伍。
「中盤でプレーしたい欲は消えない」

  • 寺野典子●文 text by Terano Noriko
  • 井坂英樹●写真 photo by Isaka Hideki

遺伝子~鹿島アントラーズ 絶対勝利の哲学~(38)
西 大伍 前編

昌子源の証言から読む>>

 終わってみれば3-0の快勝だった。

 11月24日、ユアテックスタジアム仙台で行われたJリーグ第33節、ベガルタ仙台対鹿島アントラーズの一戦。試合序盤は仙台のアグレッシブさに手を焼いた鹿島だったが、34分に昌子源が先制点を奪い、後半に入ると一気に鹿島が運動量を発揮し、敵陣へと圧力をかけた。そして、後半70分、75分とふたつのゴールが決まった。

「水曜日の夜に、甲府で天皇杯を戦って、中2日で仙台に来ている。それは本当にすごいことだよ」

 試合後、仙台駅へ向かう地下鉄の中で、仙台サポーターが鹿島に称賛をおくっていた。

「中2日で、久しぶりに14時キックオフの試合だったから、苦しい展開になるだろうとは思っていた。そういう試合ではセットプレーでの得点が大事になるとも考えていた」

 セットプレーの流れから先制点を決めた昌子が振り返った。

 仙台戦に途中出場したレアンドロ、そして内田篤人など、けが人も続々と復帰している。外国人枠の関係でチョン・スンヒョンはベンチを外れている。ACL決勝戦前に先発し、連勝に貢献した「控え組」と呼ばれる選手たちの多くが鹿嶋に残り、仙台へは行っていない。

「外国人枠の関係でベンチを外れる選手も出てくる。メンバー外の選手の分も戦わなければいけない。チーム一丸となって戦う姿勢を忘れるな」

 仙台戦を前にした練習で大岩剛監督はそう選手たちに訴えた。