2018.09.23

途中交代に苛立ちの表情。トーレスは
なぜゴールできなくなったか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Jun Tsukida/AFLO SPORT

「HUMILDAD」

 サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、この表現を好んで使う。スペイン語で「謙虚、慎ましさ」を意味する。ゴールゲッターとして名を上げるたび、浮つきそうな自分を戒めてきたのだろう。

――31歳のトーレスが、17歳のトーレスにアドバイスするなら?

 かつてトーレスはその質問にこう答えている。

「口をつぐみ、人の話を聞け、だね」

 彼は徹底的に慎ましくあろうとしてきた。しかしながら、プロの世界は謙虚なだけでは生き抜けない。ありあまるエゴイズムを、制御するために謙虚であろうとしたのだろう。トーレスはそうやって、ゴールを撃ち抜いてきた。

 しかし今年7月、Jリーグにデビュー以来、なかなかゴールが決まらない。10試合出場でわずか1得点。年俸5億円超とも言われる助っ人ストライカーとしては、どれだけエクスキューズを用意しても寂しい数字だ。

 なぜトーレスはゴールできないのか――。

柏戦に先発したが、無得点で後半28分に退いたフェルナンド・トーレス 9月22日、三協フロンテア柏スタジアム。前節まで15位に沈む鳥栖は、同じく低迷する16位の柏レイソルとJ1残留を懸けた一戦を戦い、1-1の引き分けに終わっている。

「納得できない。もっとできると思う」

 同点弾を決めた金崎夢生が、不満さえ漂わせながらミックスゾーンを立ち去ったように、チームとして不具合を抱えているのは間違いない。