2018.09.08

安部裕葵は中学でプロになると決意。
その挑戦期限は18歳までだった

  • 寺野典子●文 text by Terano Noriko
  • 渡部 伸●写真 photo by watanabe shin

遺伝子~鹿島アントラーズ 絶対勝利の哲学~(27)
安部裕葵 前編

森岡隆三の証言から読む>>

「カシーマ、アントラーズ」「カシーマ、アントラーズ」

 閑散としたスタンドにサポーターのコールが響く。数分前の試合終了直後には罵声が飛んでいた。

 9月5日ルヴァンカップ準々決勝ファーストレグ、ホームで行われた対川崎フロンターレ戦は1-1のドローで終わった。その直後のブーイング。想いのこもった叱咤だった。そんな重苦しい空気を背に受けながら、鹿島の選手たちは逆サイドのサポーターへ挨拶に行く。負けてはいない。しかし、内容は不甲斐ないものでもあった。自分たちが立つ状況の厳しさを痛感している。胸を張れない選手たちのそばに寄り添うような激励の「アントラーズコール」だった。

「試合前は気持ちで勝とうと話していたけれど、今日も気持ちの部分では勝っていなかった」と金森健志は、試合をそう振り返った。

 球際、セカンドボールの奪い合いで勝てない場面が目立った。そのうえ、攻撃時でも強さを感じられなかった。ペースアップができず、守備をこじ開けられない。小さな判断ミスや技術的なミスが攻守に渡り、連動性を奪っていた。

「自分も含めて、もっと強引に仕掛ける部分があってもいいと思うし、ゆっくりやりすぎているところもあると思う」と安西幸輝が言うようにチーム全体に漂う消極的な空気。結果が出ていないからこそ、自信が持てないのかもしれない。

 タイトル獲得が命題と言われ、勝利にこだわりを見せることが、クラブの歴史を築いてきた。しかし、最終節で優勝を逃した昨季の影響が残っているのだろうか? 今季もリーグ戦は苦戦続きだ。

 ACLは勝ち残っているものの、リーグ戦では優勝争いから大きく後退。上位のサンフレッチェ広島、FC東京にはホームでもアウェイでも勝てなかった。川崎のホームでも大敗している。

 ACL、ルヴァンカップ、天皇杯。残されたタイトルは3つ。しかし、国内タイトルはルヴァンの川崎、天皇杯の広島と強敵が立ちはだかっているが、立ち向かっていくしかない。