2018.09.01

清水への移籍を迷った森岡隆三。
鹿島と対等での戦いに違和感があった

  • 寺野典子●文 text by Terano Noriko
  • 渡部 伸●写真 photo by watanabe shin

遺伝子~鹿島アントラーズ 絶対勝利の哲学~(26)
森岡隆三 後編

前編から読む>>

「本当は負け試合だった。点を獲れそうで獲れないというゲームって、結構負けるじゃん。そうなるかなって思っていたけど、後半よく獲ったよ」

 約1カ月ぶりの先発でフル出場を果たした内田篤人がそう振り返った、8月28日ACL準々決勝第1戦の対天津権健戦。鹿島アントラーズは、60分レオシルバ、72分セルジーニョのゴールで2-0と勝利した。

 開始15分で3、4回ビックチャンスを迎えたが、シュートすら打てないシーンもあった。その後7度のコーナーキックを得るなど、試合の主導権を握ったが無得点で迎えたハーフタイム、選手たちは動じなかったという。

「変わらずやっていこう、とにかく失点をしちゃいけないという話を中心にしていました。前半決定機がたくさんあったので、ちょっと嫌な流れでしたけど、後半の早い段階でレオが得点を決めてくれたので。試合運びはやりやすかったかなと思います。1点入ってからのほうが集中しました。ここから絶対にやらせてはいけない。狙いがあれば2点目を獲っていこうと。全員がそう思っていて、同じベクトルを向けていられたのが良かったと思います」と語った安西幸輝は、この日はサイドバックではなく、サイドハーフとしてプレーしている。

 何度もチャンスを演出したが、「ジュビロ戦のことがあるから」と楽しさ以上に緊張感を抱き続けていた。8月24日のリーグ戦対ジュビロ磐田戦で、同点弾となってしまうPKを与えるハンドのファールを犯していたからだ。「この3日間はとにかくチームに貢献したいということだけを考えていたので、それができて良かった」と小さく微笑んだ。