2018.05.12

「アントラーズの嫌われ役になる」
本田泰人はキャプテン就任で決めた

  • 寺野典子●文 text by Terano Noriko 井坂英樹●写真 photo by Isaka Hideki

遺伝子 ~鹿島アントラーズ 絶対勝利の哲学~(12 ) 
本田泰人 後編

前編から読む>>

「鬼門」

 国内最多のタイトルホルダーである鹿島アントラーズ。しかし、ACLの決勝トーナメント1回戦を突破した経験はない。過去に5度挑んでいるが、その壁を越えられなかった。

 5月9日、対上海上港戦。6度目の挑戦相手は、昨季、ベスト4進出の強豪だ。

 ホームアンドアウェー2試合を戦う決勝トーナメント。昨季はアウェーゴールの差で敗れた。ホームで迎えるファーストレグを「無失点で勝つ」というのが、選手の総意だった。

 前半、鹿島がゲームの主導権を握ったが、ゴールを奪うことは容易でない。連戦の疲労からか、精度を欠くプレーがあるなか、前半終了間際の43分、鈴木優磨がコーナーキックから先制点。後半立ち上がりの49分にもコーナーキックから西大伍が追加点をマークする。その後も前線からプレスをかけ、高いディフェンスラインを維持した。

 上海上港はその背後を狙い、反攻に転じる。70分以降は、上海上港の猛攻に鹿島が耐え続ける展開となり、約3分間に7本のコーナーキックを与えた。「結果的にコーナーキックになったけれど、僕らがボールに触っているということ」と昌子源は、そのときの心境を語った。ポジティブな思考で耐えたのだろう。

 なんとかしのいだ75分、安西幸輝のクロスボールからオウンゴールが生まれる。公式戦今季初の3得点。しかし、直後の76分に失点してしまう。

 試合は3-1で終了したが、後半だけで16本のシュートを許す苦しい試合だった。

 87分、金崎に代わり、ピッチへ入った小笠原満男。遠藤康が差し出したキャプテンマークを手に取ることもなく、試合へ飛び込んだ。そして、チームメイトの集中力を促すように声を張り上げ続ける。その身体に闘志が漲(みなぎ)っていた。わずかな時間ではあっても、勝利のためにすべてを尽くす。そんなキャプテンの魂が伝わってきた。ボールに関与しなくとも、確かな影響力を及ぼしたに違いない。

「小笠原の経験と統率力は非常に頼りにしている。もう少し早い段階で入れていれば、試合を落ち着かせることができたと感じている。次の試合では生かしたい」