2018.05.14

西野ジャパンでも使える「ホットライン」
大島僚太と小林悠は準備OK

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Masashi Hara/Getty Images

 J1第14節、川崎フロンターレは後半ロスタイムの劇的な勝ち越しゴールで、柏レイソルに2-1の逆転勝利を収めた。

 最終的に試合を決めたのは、J1初出場のMF鈴木雄斗によるゴールである。だが、試合の流れを変えたポイントはと言えば、やはりキャプテンによる同点ゴールだったのではないだろうか。

「『打つな!』って思ったけど、空気を読めないキャプテンがシュートを打っちゃった」

 MF中村憲剛が冗談めかしてそう振り返ったシーンは、後半58分。MF守田英正が敵陣でボールを奪うと、こぼれ球を拾ったキャプテンのFW小林悠がドリブルで前進。ゴールまではまだ20m以上の距離があったが、「シュートゾーンではないなと思ったけど、それまでにシュートチャンスがあまりなかったので思い切って打った」と小林。鋭く振り抜いた右足から放たれた弾丸シュートは、一直線にゴール左上に突き刺さった。

 攻勢に試合を進めながら、引いて守りを固める柏に対し、ゴールが遠かった川崎。それだけに「1点取ればイケるなと思っていた」(中村)ところでのゴールは、頼れるエースストライカーらしい大仕事だった。

点取り屋としてバージョンアップしている小林悠 それにしても、昨季J1得点王の充実ぶりには目を見張るものがある。30歳を過ぎてもなお、点取り屋としてバージョンアップし続けている印象だ。数字はもちろんのこと、プレーの内容にも明らかな変化がうかがえる。