2018.04.23

F・マリノス、打つべし、打つべし。
4得点で勝てずも面白いからOK

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

 後半立ち上がりにセットプレーから同点に追いつくと、松原が言う「ボールを保持し続ける」理想に近いサッカーを展開し、終始相手を押し込んだ。もっとも逆転ゴールが生まれなかったのも、この左サイド偏重が原因だったように思われる。

「左だけだと対応されやすいし、左右のバランスを意識する必要があった」と天野も指摘したように、左一辺倒の攻撃では崩し切るには至らなかった。

 多くのゴールが生まれ、娯楽性に富んだ一戦となったが、両チームにとって詰めの甘さを露呈する試合でもあった。とりわけ主導権を握る時間の多かった横浜FMは、そうした想いを強くしているに違いない。

 それでも選手たちは前向きだ。

「このサッカーで勝ててないですけど、ひとつ勝てたら勢いに乗っていけると思うし、ぶれないでやり続けるだけ。一体感もあるので自信を持ってやっていきたい」(天野)

「ちょっとしたミスだったり、ちょっとした運のなさで今は勝てていないけど、観ていた人も4点入ったことで、いけそうだなと感じてくれたはず」(飯倉)

 4点獲って勝てないことを嘆くのか。それとも初めて複数得点を奪えたことを進歩と捉えるのか。その反応はそれぞれの役割によって異なるだろうが、求めるスタイルを考えれば、間違いなく前進だ。

 面白いサッカーに結果が追いつく日も、そう遠くはない。そんな希望を感じさせる、横浜FMの乱打戦だった。

◆なでしこジャパンが「チーム」になった。ベテランたちが初めて笑った>>>

◆W杯より先に吉田麻也の重大任務。サウサンプトンを降格から救え!>>>

関連記事