2018.04.05

柏レイソル、ACL敗退。追いつめても、
アジアで勝てないのはなぜか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Hiroki Watanabe/Getty Images

 勝負の世界は残酷だ。

「初戦(アウェーの全北現代戦)で2点先制しながら、3失点で落としてしまった。そういうことが起こりえるのがアジアの頂点を目指す大会で、簡単に勝たせてくれない。(天津権建、傑志戦も)終盤にゲームを動かせる選手がいるなというのを、身をもって感じました」

 試合後の記者会見で、柏レイソルの下平隆宏監督はそう言って肩を落とした。

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)第5節、柏は全北現代に0-2と力負けし、勝ち点4のまま1試合を残してグループリーグ敗退が決まった。

 柏から世界へ――その志はまだ道半ばだ。

全北現代に0-2で敗れ、肩を落とす柏レイソルの選手たち 4月4日、日立柏サッカー場。勝利が生き残る条件の柏は、韓国王者である全北を迎えて、悪くない立ち上がりを見せている。

 10番を背負った江坂任が前線のプレーメーカーとして、攻撃の渦を創り出す。右サイドをコンビネーションで崩し、クリスティアーノに際どいクロスを合わせ、バックラインからのボールを引き出し、起点にもなった。

 しかし、全北はこの攻撃に屈しなかった。

「チームが先制点を奪われた試合は苦しくなった。今日は先制されない準備をしてきた」(全北・GKソン・ボングン)

 この日のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた守護神、ソン・ボングンは安定したセービングを見せ、これが反撃の狼煙(のろし)となる。