2018.02.07

湘南、長崎、名古屋のJ1昇格3チーム。
福田正博は残留できると見るか

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • photo by Getty Images

 実際に今オフも、ジネイだけでなく、山田直輝(浦和→)や広瀬健太(新潟→)などがチームを離れた。代わりに梅崎司(←浦和)やミキッチ(←広島)などを獲得しているが、本音を言えば、これらの選手が全員揃った形で、湘南がJ1でどういう戦いをするのかを見たかった。

 そうなると、指揮官の手腕が重要になる。2012年からチームを率いるチョウ・キジェ監督のサッカーは戦い方が明確で、苦しい状況でもどうにかやりくりして戦ってきた実績がある。今季は、J1に定着する期待を感じさせてくれるチームを作っていってもらいたい。

 昇格1年目で優勝争いをするのは難しいだろうが、名古屋と湘南、長崎もうまく流れに乗れば、ひと桁台の順位でシーズンを終える可能性は十分にある。J2を勝ち抜いたチームがどのように進化するのか、3チームのJ1での戦いから目が離せない。

◆長崎を奇跡のJ1に導いた、髙田社長のテレビ通販と似たクラブづくり>>

◆9試合連続ゴールなし。岡崎慎司にも影響するマフレズ「行方不明」問題>>

■福田正博 フォーメーション進化論 一覧>>

関連記事