2018.02.06

9試合連続ゴールなし。岡崎慎司にも
影響するマフレズ「行方不明」問題

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 レスター・シティの岡崎慎司に出番の声がかかったのは、1-1で迎えた80分のことだった。

 国内リーグ戦において4試合連続で先発出場を果たしていたが、プレミアリーグ第26節のスウォンジー・シティ戦ではベンチスタート。チームはFWジェイミー・バーディーとFWケレチ・イヘアナチョの2トップで挑んだ。

残り10分で出場した岡崎慎司。ゴールを決めたかったのだが...... 試合は、レスターが17分に先制点を挙げる。イヘアナチョのスルーパスにバーディーが右足で合わせ、鮮やかにネットを揺らした。

 しかし、その後は攻め手を欠き、決定的なチャンスのなかったスウォンジーにコーナーキックから同点ゴールを奪われる。後半のレスターは攻撃面でチグハグさが目立ち、決定的なチャンスのないまま時間だけが過ぎていった。

 岡崎が投入されたのは、そんなタイミングだった。日本代表FWがピッチに入ると、「シンジー、オカザキ」と期待のチャントがスタンドから沸き起こる。本人も「今日はゴールしかなかった」と、決勝ゴールを挙げることしか頭のなかになかったという。

 残り時間は10分。レスターはクロスボールとロングボールを中心としたパワープレーに傾き始めた。クロスが入りそうになると、岡崎はポジション取りと身体の向きを整え、危険なエリアへ侵入を試みる。しかし、肝心のラストパスが届かない。結局、シュートを打てないまま試合終了。降格圏付近をさまようスウォンジーを相手に、レスターは勝ち点1を分け合った。

「今日のスウォンジーは、リバプール(第24節/1-0)やアーセナル(第25節/3-1)に勝っていたチーム、という感じではなかった。自分たちのプレッシャーのほうがハマっていた。相手に(ボールを)持たせたときは、すごく相手が慌てて、(パスを)出すところがないようだった。

 そして(自分たちがボールを)取って、チャンスになりそうな場面はあった。先制してだいぶ楽になって、もう1点獲っていたら、相手は為す術(すべ)がなかったと思う。ただ、セットプレーでやられて、1-1で引き分けという(レスターで)よくある試合でした」