2017.12.28

さらば石川直宏。「ケガだらけの
サッカー人生」をポジティブに終える

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 松岡健三郎/アフロ●写真 photo by Matsuoka Kenzaburo/AFLO

 そう語る石川のプレーが、観る人に感動を与えたのは必然だった。最後のゲームでも、引退を決めた選手とは思えない動きを見せている。その一挙手一投足が、観客を熱くさせた。

「プロってなんだろうって思うんですよ。自分よりも、うまい選手は周りにいました。生きるか死ぬか、というギラついたものかもしれませんね。プロとして、その思いを乗せたプレーができるか」

 石川の生き方はプレーに表出していた。

 ケガで苦しみ、もがく姿よりも、そこから立ち上がり、這い上がろうとする不屈な姿のほうが記憶に残るのだろう。いや、それすら忘れられるのか。閃光のような突破だけが思い出される日が来るのかもしれない。

 18シーズン、プロフェッショナルとして戦い続けた男は翼をたたんだ。

◆高校サッカー選手権「2強」の青森山田、東福岡を倒せるのはどこか?>>

◆柏レイソル主将は考えた。「優勝を争うには何が足りなかったのか」>>

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事