2017.11.09

「ベンチの本田圭佑」を試すべきでは
なかったか。福田正博も驚く落選

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 ハリルホジッチ監督にしても、この2試合は、大島僚太、齋藤学、柴崎岳という3選手に再びチャンスを与えるのが最大の目的だったはず。しかし、3選手ともケガで招集できなくなってしまい、目的がはっきりしないまま海外組の選手たちをピッチに立たせてしまった。結果論にはなるが、国内組のみ、もしくは今まで招集したことのない海外組の選手を呼ぶ大胆なメンバー選考をしたほうがよかったように思ってしまう。

 そのニュージーランド戦、ハイチ戦から一転、11月10日のブラジル代表(フランス、ニースで開催)、15日のベルギー代表(ベルギー、ブリュージュで開催)とのテストマッチは、W杯本番を見据えた真剣勝負の場になる。

 これまでハリルホジッチ監督は、相手にボールを保持されて押し込まれることを想定し、いかにそのボールを奪って縦に速く攻めるかという、いわば"リアクションサッカー"を貫いてきた。それが、強豪国のブラジルやベルギーにどこまで通じるのか。現時点での日本代表の実力を測るには、これ以上ない相手だ。

 そしてこの2試合は、W杯に向けた"実質的な"最後のメンバー選考になるだろう。今回の欧州遠征を終えた後は、来年の3月までテストマッチがない。ハリルホジッチ監督はその3月の時点でほぼメンバーを決め、それ以降のテストマッチではメンバーを固定してチームを仕上げていく意向を示している。