2017.11.09

「ベンチの本田圭佑」を試すべきでは
なかったか。福田正博も驚く落選

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

【福田正博 フォーメーション進化論】

 日本代表は、11月10日にブラジル代表と、14日(日本時間15日)にベルギー代表と対戦するが、まずは10月の親善試合を振り返っておきたい。ニュージーランドに2-1で勝利し、ハイチに3-3で引き分け。この2試合は「すべてにおいて中途半端だった」というのが率直な感想だ。

香川、岡崎とともに、欧州遠征のメンバーから漏れた本田

 マッチメイクでいえば、W杯での戦いを想定できるような国と試合を組むのが理想だった。しかし、先の2試合は南米や欧州のW杯予選と日程が重なっていたこともあり、日本サッカー協会も対戦相手を探すのに苦慮したに違いない。

 日本の地理的な条件なども加味すれば、不満の残る相手になってしまっても仕方のないことだ。それよりも、対戦国のレベルに合わせたメンバー選考ができていなかったことを問題視すべきではないだろうか。

 その2試合には本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠は呼ばれなかったが、この3選手以外で十分に代表戦を戦ってきた海外組の選手にとっては、「W杯に向けたサバイバルレースだ」とどんなに言われようとも、高いモチベーションで臨むことは難しかっただろう。

 所属クラブで厳しいポジション争いをするなか、コンディションを崩すリスクを考えながら日本に戻り、格下相手との親善試合を行なう。実際に口に出すべきではなかったが、選手が「なんの意味がある試合だったのか」という心情を抱いてしてしまったことは理解できる。