2017.09.27

チグハグなサッカー。それでも、
サンフレッチェは瀕死状態から脱した

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Takashi Aoyama - JL/Getty Images for DAZN

 3度のJ1制覇の一方で、2度のJ2降格という地獄も見ている森﨑は、「今季前半戦は(同点に)追いつかれるとガクッときていた。でも、今日の試合(清水戦)は(同点に追いつかれたあとも)全員が勝ちにいったことが勝利につながった」と、チーム内に起きている精神的な変化を口にする。

 森﨑は2度の"地獄"を振り返り、「(J2に)落ちたときはチームがバラバラだった」と語る。だからこそ、監督交代という大ナタが振るわれたときに報道陣からコメントを求められると、「監督が代わっただけではダメ。本当の意味でチームがひとつにならなければ結果は出ない」と話していた。メディア(媒体)を通してのコメントではあったが、チームメイトに、そして自分自身に向けて発した言葉でもあった。

 そして現在、「ベンチメンバーも含めて、チームがひとつになってきている。こうなると結果は出やすい」と、納得の表情を見せる。

 清水戦を振り返っても、後半は明らかに相手のペースにはまっていた。先制したものの、怒涛の反撃を受け、追いつかれる展開は、メンタル的に大きなダメージを負ってもおかしくなかった。

 しかし、「相手の攻撃に対応しながら、カウンターを狙うことができた。それは、みんながハードワークしていたから」とDF水本裕貴。交代出場のMF稲垣祥が勝ち越し、ダメ押しの2ゴールに絡むなど、大活躍したことにも触れ、「チーム全体で戦えるということを示せた」と胸を張る。