2017.02.01

アントラーズの快進撃は
なぜ起きたのか。
小笠原満男がその過程を語る

  • 佐野美樹●取材・文・撮影 text&photo by Sano Miki

「なんか、山登りと似ているなって思って、オレは。『富士山の頂上の景色って、どんななの?』と聞かれて、日本で一番高いところだけど、口ではうまく説明できないでしょ。行かないとわからない。その場に立たないとね。それにすごく似ているなぁと思うんですよね、タイトルって。そこまでの道のりが必ずあって、その過程も含めて、すべてはタイトルを獲った者にしかわからないから」

シーズン最後の天皇杯を制して二冠を遂げた鹿島アントラーズ 今回の二冠達成において、何よりも大きな力となったのは、コーチングスタッフのメンバー全員が、アントラーズのOBであったことだと、小笠原は話す。

「今回(リーグ)優勝を経験したことのある選手は少なかったけど、こうやって勝ち切れたのは、石井さんをはじめ、ゴウさん(大岩剛)、ヤナさん(柳沢敦)、ハネ(羽田憲司)、古川(昌明)さんら、コーチみんながクラブのOBだったからだと思っているんですよね。練習のときからいろいろなアドバイスをしてくれるんですが、勝っているとき、負けているとき、そのタイミングに合った絶妙な話を、それぞれがそのときどきでしてくれていた。試合前のアップとか、ロッカールームでもそうだけど、『このチームはこういう気持ちでいくんだ』というのを、いつもしっかり伝えてくれていたんです。