2016.12.28

J1からJ2、J3、JFLまで渡り歩いた
市川大祐が語る「引退秘話」

  • 望月文夫●取材・構成 text by Mochizuki Fumio
  • 長江由美子●撮影 photo by Nagae Yumiko

――ファンやサポーターの力も大きな支えになったと思います。

「もちろんです。例えば、スタジアムでファンやサポーターのみなさんが求めるものは、常に勝利すること、そしていいプレーだと思っています。そうした要求には緊張感もあったわけですけど、同時に充実感も味わえました。その声が自分を高めてくれ、背中を押してくれたことに、心から感謝を伝えたいですね。所属チームが変わっても、カテゴリーが変わっても、ずっと応援に来てくれる方も大勢いらっしゃいました。アウェーの試合では、僕が帯同するかさえわからないのに......。

 みなさんの力が本当に後押ししてくれました。自分がここまで続けられたのは、間違いなく応援をいただいたことが原動力です。自分への期待が大きければ大きいほど、プレッシャーも大きかったのですが、それがなければ寂しかっただろうし、もっと引退が早かったと思います」

――ちょっと意地悪な質問ですが、もし現役続行への強いオファーがあれば、引退の撤回もありましたか。

「ハハハッ(笑)。実はある方から『今後も(現役として)いろいろ考えていた』と言われ、『まだ選手として可能性があったのかな』と思ったことは事実です。ただ、客観的にみて『チームから求められることに、選手として応えていくことはもう難しい』と判断しましたからね。今後のことがまだ決まっていないタイミングだったので、ちょっと気持ちが揺らいだ程度のことで、現実的には引退撤回の可能性はありませんでした」