石井監督を讃えよう。レアルも驚く鹿島の「攻めながら守る」サッカー

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 徹底したサイド攻撃。それは監督の指示に従おうとする選手の姿そのものだ。指示通りに戦えば、結果は残せる。力関係で劣ってもなんとかなると、選手は強い相手との戦いを通して確信を得ることになったはずだ。

 コンセプトが明快なのでプレーに迷いがない。思い切りがいい。日本人の取り柄だと言われる忠実で勤勉なプレーも発揮しやすい。真面目であるうえに頭脳優秀なチームに見える。

 国内では、お目にかかりにくいサッカーだ。サイド攻撃を追求するクラブはJリーグにまず存在しない。鹿島と同じコンセプトで戦うチームは2つとない。狭い視野で眺めれば、そのサッカーは異端に見えるが、実際は限りなく正統派。日本に欠けている要素が満載された、追求するべき模範的なサッカーだと僕は思う。

 真っ先に讃えるべきは柴崎ではない。鹿島のサッカーそのものだ。10の力を8しか発揮できなかったR・マドリード。7しかない力を7フルに発揮した鹿島。石井監督の功績はもっと讃えられるべきである。

■Jリーグ 記事一覧>>

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る