2016.10.29

福田正博が考える、「第2の久保建英」が
日本サッカー界に現れる条件

  • 津金一郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • photo by AFLO

 福田正博 フォーメーション進化論

U-16アジア選手権で活躍し、注目が集まる久保 日本サッカー界にとって明るいニュースが続いている。

 9月にインドで行なわれたU-16アジア選手権で、森山佳郎監督率いる日本代表がベスト4に進出。来年8月から9月にかけてインドで開催される、FIFA U-17W杯に2大会ぶり8回目の出場を決めた。

 そのU-16アジア選手権の前回大会で、準々決勝の韓国戦に敗れたひとつ上の世代も雪辱を果たした。10月にバーレーンで開催されたU-19アジア選手権において、内山篤監督率いるU-19日本代表は鬼門の準々決勝を突破。来年5月のU-20W杯への出場権を獲得した。

 日本のU-20代表が世界の舞台に立つのは、実に5大会ぶりだ。前回の出場は2007年カナダ大会。その時のチームで活躍した、内田篤人、香川真司、太田宏介、槙野智章、柏木陽介らが、その後のA代表を支える選手になった。2020年の東京五輪世代である今回のU-20代表からも、2022年W杯カタール大会でA代表の中核を担う存在が出てきてほしいところだ。