2016.07.28

ニュー反町スタイルのJ2松本山雅、
1年でJ1復帰に向け快走中

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by AFLO

 事実昨季も、J2としては破格の戦力を有し、昇格候補の大本命だったセレッソが4位に沈んだ。結局、昇格プレーオフでも決勝で敗れ、1年でのJ1復帰を逃している。

 力はあるのだが、1シーズンを通じて波に乗れず、勝ったり負けたりを繰り返すうちにシーズンが終わっていた。過去のJ2を振り返ると、そんな印象の"降格組"が少なくない。

 それだけに、今季の松本の健闘は称えられていい。

 チームを率いる反町康治監督も、過去、降格組がJ2で苦しい戦いを強いられることは当然承知していた。何より自身が湘南ベルマーレ時代に苦い経験を味わっている。

 そこで「昨季とは違うサッカーをやった」と反町監督。守備を固め、縦に速い攻撃で相手ゴールに向かうこれまでのサッカーに変え、よりボールポゼッションを高めるスタイルを取り入れたのである。

 ただし、おそらくここで最も重要だったのは、どちらのサッカーがいいとか悪いとか、どちらのサッカーがJ1仕様なのか、といったことではない。指揮官にとってより重要だったのは、「サッカーを変える」ことであり、「まったく違うことに取り組む」ことだったはずだ。

 松本の場合、クラブの規模から考えても、一度J1を経験したことで、ある種の達成感が生まれたとしても不思議はなかった。あるいは、またすぐに上がれるだろうという慢心が芽生える可能性もあったかもしれない。