2016.06.12

【育将・今西和男】森山佳郎「自分だけの武器を持たないと生きていけない」

  • 木村元彦●文 text by Kimura Yukihiko  photo by Kyodo News

 今西はこんなことを言っていた。

「ユースの監督いうのはトップチームに行く前のステップじゃ、くらいに考えとる指導者が多い中、森山は元々教師になりたかったという男じゃけえ、『僕はこの世代をずっと教えたいんです』と言いよりました。ええタイミングで、ええ指導者に入ってくれましたよ」

 小林伸二が立ち上げたサンフレッチェユースは木村孝洋、中村重和と繋がり、森山の時代に一気に開花。ユース大会9冠、数多くの代表選手を育て上げ「育成の広島」の名をとどろかせた。

(つづく)

●育将・今西和男 記事一覧>>
●Jリーグ記事一覧>


【profile】
今西和男(いまにし・かずお)
1941年1月12日、広島県生まれ。舟入高―東京教育大(現筑波大)-東洋工業でプレー。Jリーグ創設時、地元・広島にチームを立ち上げるために尽力。サンフレッチェ広島発足時に、取締役強化部長兼・総監督に就任した。その経験を生かして、大分トリニティ、愛媛FC、FC岐阜などではアドバイザーとして、クラブの立ち上げ、Jリーグ昇格に貢献した。1994年、JFAに新設された強化委員会の副委員長に就任し、W杯初出場という結果を出した。2005年から現在まで、吉備国際大学教授、同校サッカー部総監督を務める。

森山佳郎(もりやま・よしろう)
1967年11月9日、熊本県生まれ。熊本県立第二高、筑波大を経て、マツダSCに入団。サンフレッチェ広島に発足時から加入し、サイドバックとして活躍。1994年の1stステージ優勝にも貢献した。1996年横浜フリューゲルスに移籍。その後、ジュビロ磐田-平塚ベルマーレとチームを変わり、1999年現役引退。引退後はサンフレッチェ広島ユースのコーチとなり、2002年監督に就任。数々のユースタイトルを獲得し、Jリーグ選手を多数育てた。その功績が認められ、現在は日本代表U-15/U-16監督を務める。

  この連載を大幅に加筆、再構成した『徳は弧ならず 日本サッカーの育将 今西和男』が6月24日、発売になります。

関連記事