2014.12.19

現役引退の佐藤由紀彦。岡崎慎司からの意外な反応

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 松岡健三郎/アフロ●写真

12月特集 アスリート、現役続行と引退の波間 (11)

<スパイクを脱ぐ>

 サッカー選手はその行動に踏み切るときが、いつかはやってくる。従容としてその現実を受け止められるケースは、一体どれだけあるのだろうか? 澄み渡った心で最後のときを迎えられる――。

 それは全力で戦い切った男にのみ、許される特権なのだろう。彼はその権利を得ることができた数少ない男の一人かもしれない。

 佐藤由紀彦(38)は95年に清水商から清水エスパルスに入団している。

今季をもって現役を引退した佐藤由紀彦 整った顔立ちと華麗なテクニックで「プリンス」と呼ばれたが、3シーズン在籍でリーグ戦わずか2試合出場と瀬戸際に立った。プロ4年目に(当時JFLの)モンテディオ山形に期限付き移籍し、新人王などを受賞して道を切り開いた。翌シーズンは当時J2のFC東京へ移籍、右サイドのクロッサーとして99年にナビスコカップのニューヒーロー賞を受け、J1昇格にも貢献、2001年にはJリーグ優秀選手に選ばれている。

 2003年には横浜F・マリノスへ移籍。岡田武史監督率いるチームの右サイドを担い、FW久保竜彦の得点量産を手助けした。2003、04年はリーグ連覇を達成。その後も柏レイソルでJ1昇格に貢献、ベガルタ仙台でも昇格プレイオフに進んだ。2009年に入団したV・ファーレン長崎では、J2昇格の原動力となっている。恵まれているとは言えない戦力の長崎で、率先して練習に取り組む佐藤の存在が若手の鋭気を一つにした。