2014.07.28

日本サッカーを支えるのは「代表愛」より「クラブ愛」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 ブラジル代表は応援するが、オレのアイデンティティはあくまでも「愛する我がクラブ」にある――。そんな主張がしっかりと伝わってきた。

 ブラジルでもワールドカップ決勝のわずか2日後に、中断されていたリーグ戦が再開された。きっと今ごろ、歴史的惨敗などどこ吹く風とばかり、我がクラブの動向に一喜一憂しているサポーターは多いはずだ。

 この日の浦和-鹿島の試合を見ても分かるように、Jリーグも決して捨てたものではない。もちろんワールドカップと同レベルというわけにはいかないが、おもしろい試合は間違いなくある。なのに、それを見逃したのではもったいない。

 日常のなかにあるサッカーを、もっともっと楽しみたい。

関連記事