2014.04.19

W杯で見たいFW。原口元気を代表に推す理由

  • photo by AFLO SPORT

 6月のW杯ブラジル大会に向けて、注目を集めているアタッカーのメンバー選考。私が今注目している選手のひとりが、浦和のFW原口元気だ。

 原口は今季ここまで、Jリーグで3ゴールを決めており、チームの攻撃を牽引している。

代表候補合宿に招集された原口元気。練習試合でもドリブル突破を見せた 試合が膠着状態になったとき、原口がサイドからドリブルで仕掛けることで、ゴールにつながる確率は上がると思うし、相手を押しこんだときに、アウトサイドから原口が突破をすることで、相手の守備ブロックを崩すことができる。

 サイドのタッチラインを踏んだ状態からドリブルをスタートすることが、原口の良さがもっとも出る形だと私は思っている。原口はそのポジションのとき、自分の得意な「型」を持っている。そのため、彼の適性ポジションは日本代表であれば4-2-3-1の「3」の左だろう。貴重な「仕掛けられる選手」として彼の特長を最大限に生かせるはずだ。

 サッカーでは、コンビネーションはもちろん重要なのだが、1対1の仕掛けもまた攻撃のオプションとして必須のものだ。原口のアウトサイドからのあのドリブルの仕掛けは、世界レベルでも十分相手の脅威になるはずだ。

 コンビネーションだけで相手の守備を崩しきって、フリーでシュートやパスができるということは、現代サッカーではほぼありえない。つまり、完全にフリーになることはそうそうない。だからこそ、コンビネーションで相手の守備を揺さぶり、1対1で仕掛けられるいい状況をつくりだすことが重要ということだ。

 たとえば、バイエルンは、サイドアタッカーのロッベンやリベリーが、1対1で有利な状態で仕掛けられる局面をつくるためにパスを回し、連動しているといえる。ワイドに展開して、うまくボールを動かし、攻撃の幅をつくって相手の守備ブロックを崩していく。