2014.02.27

識者がJ1優勝チームを大胆予想。広島の3連覇はない!?

  • text by Sportiva
  • photo by Sano Miki

今季J3連覇の偉業に挑むサンフレッチェ広島。左から青山敏弘、石原直樹、佐藤寿人。2014年Jリーグ優勝予想(前編)

いよいよ3月1日、J1リーグが開幕する。昨季はサンフレッチェ広島が見事に連覇を飾ったが、最終節を迎えて3チームに優勝の可能性がある大激戦だった。そうした熾烈な争いは今季も変わりそうになく、どこが優勝するのかまったく予想がつかない。そこで今回、Jリーグに精通する7人の識者に今季の優勝チームを予想してもらった。識者の方々が推奨するチームはいったいどこか、必見だ!


川本 治氏
(解説者/元古河電工監督、ジェフユナイテッド市原強化部長など)

優勝 セレッソ大阪
2位 川崎フロンターレ
3位 サンフレッチェ広島

  昨季から大きな変動があるとは思えない。おそらく、昨季の上位チームが今季も優勝争いを演じることになりそう。そうした中で、有力チームの戦力補強などをチェックしてみると、いい補強ができて、マイナス材料が少ないと思ったのが、セレッソ大阪、川崎フロンターレ、サンフレッチェ広島の3チーム。なかでも、期待が大きいのは、セレッソ。フォルラン獲得で話題になっているけれども、FW柿谷曜一朗をはじめ、MFの山口蛍や扇原貴宏、南野拓実など若いタレントが豊富で、日本人の戦力だけでも十分に上位争いできる力をつけている。個人はもちろん、チームも成長を続けているので、今季どれくらいやってくれるのか、非常に楽しみ。

 1位にしたセレッソも含めて、順位づけは難しいけれども、2位がフロンターレで、3位はサンフレッチェとする。フロンターレは、昨季の得点王に輝いた大久保嘉人(26点)が今季も同じくらい活躍できるかどうかがポイント。サンフレッチェはゼロックス・スーパーカップ(2月22日/2-0横浜F・マリノス)で見せたようなサッカーをどの相手でもできるようなら、優勝の目も出てくるだろう。

 昨季2位の横浜F・マリノスは、ヴィッセル神戸に移籍したFWマルキーニョスの穴を埋め切れていないので評価を下げた。ダークホースは、すべて過去に優勝経験のあるチームだけれども、赤いユニホームの3チーム。鹿島アントラーズ、浦和レッズ、名古屋グランパス。それぞれ物足りない面はあるけれども、戦力的には上位争いに加わってくるだけの力はある。