2014.02.25

セレッソ山口蛍を直撃。タイトル獲得の準備はできたか

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 いよいよ3月1日、Jリーグが開幕する。移籍による選手補強やキャンプでのトレーニングなど、来る新シーズンに向けて進めてきた、各クラブの準備の成果が試されることになる。

 なかでも、このオフシーズンに大きな話題を提供したのがセレッソ大阪だ。

 FW柿谷曜一朗、MF南野拓実など、そもそも攻撃陣に若いタレントがそろっていたうえに、超大物外国人選手であるFWディエゴ・フォルランを獲得。非常に魅力的な陣容が整った。

 セレッソは昨季4位で終えたリーグ戦をはじめ、ナビスコカップ、天皇杯、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)と、合わせて4冠獲得に挑む。

今季、セレッソのキャプテンを務める山口蛍。 今季からキャプテンを務めるMF山口蛍は、今季のセレッソについて「基本的なサッカーは(昨季と)変わらない」としたうえで、こう語る。

「(移籍などで)抜けた選手もいるが、新たに加わった選手が抜けた選手にないようなものをチームにもたらしてくれていると思うし、攻撃の部分では去年と違ったものが出せると思う」