2014.01.10

【高校サッカー選手権】4強対決。
覚醒した京都橘・小屋松知哉に注目せよ

  • 粂田孝明(ストライカーDX編集部)●文 text by Kumeta Takaaki(STRIKER DX)
  • 中村祐介/アフロスポーツ●撮影

 第92回全国高校サッカー選手権大会は、いよいよ準決勝(1月11日/東京・国立競技場)。対戦カードは、星稜(石川県)vs京都橘(京都府)、富山第一(富山県)vs四日市中央工(三重県)だ。

 4校の中でも注目は、前回大会準優勝の京都橘。前回大会の得点王でもあるFW小屋松知哉(3年)がどんな活躍を見せてくれるのか、必見だ。

今大会、最も注目を集めている京都橘のFW小屋松知哉。 初戦(2回戦)の藤枝東(静岡県)戦(2-0)では、思うようなプレイができずに猛省していた小屋松だが、3回戦の那覇西(沖縄県)戦(3-2)で調子を取り戻すきっかけをつかんだ。指揮官の米澤一成監督が語る。

「立ち上がりの(小屋松のプレイ)リズムは相変わらずよくなかったが、(前半27分に小屋松が)バー直撃のミドルシュートを放ってから、本人の動きも、チームの流れも一変した」

 このシュートで本来の姿に戻った小屋松は、前半32分、相手3人に囲まれながらも、カーブをかけてコースを突く芸術的なゴールをマーク。チームの勝利に貢献すると、完全に覚醒した。

 というよりも、さらにバージョンアップした小屋松がベールを脱いだと言ったほうがいいかもしれない。なにしろ、続く準々決勝、相手は優勝候補筆頭の市立船橋(千葉県)だったが、小屋松はまったく問題にしなかったのだ。