2013.05.19

日本人FWが上位独占。今、Jリーグ得点王争いが熱い

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki photo by AFLO

 対照的に、柏に勝利したC大阪のレヴィー・クルピ監督は「柿谷は2点を決めたが、冷静に振り返ると決してパフォーマンスがよかったとは言えない。本来のプレイはあまり出ていなかった」と手厳しかった。

 両監督に共通するのは、選手に対する高い要求であり、ゴールという数字さえ残せばいいとは考えていない点である。こうした環境でプレイしているからこそ、彼らは成長でき、結果としてゴールの数を増やすことにもつながっているのだろう。

 日本代表を見れば明らかなように、日本人FWはお世辞にも層が厚いとは言えない。Jリーグの歴史を振り返っても、他のポジション以上に外国人選手への依存度は高かった。

 だからこそ今季、日本人FWによって近年稀(まれ)に見るハイレベルな得点王争いが繰り広げられていることは、注目に値する。

 互いがしのぎを削ることで、得点王争いがより高い水準に達するのはもちろんのこと、新たな日本代表FWの誕生につながることにも期待したいものである。

関連記事