2013.05.10

Jリーグで活躍中。「今、日本代表で見たい」アタッカーは?

  • photo by FAR EAST PRESS/AFLO

 アタッカー以外のポジションで注目の若手として挙げておきたいのは、鹿島の柴崎岳だ。これからどれぐらい成長していくか楽しみなMFで、あの落ち着きはとても20歳とは思えない。

 芯の強そうな鹿島らしい選手になってきているという印象だ。途中から右サイドバックをやっていた試合もあったように、多くのポジションを問題なくこなせるところも彼の魅力だろう。一歩一歩確実に成長していける選手だと思うし、チームの中心になっていける選手だ。

 ここ1年ぐらいで体も大きくなり、体幹が強くなったと思う。国際舞台ではフィジカルの強さは非常に重要だ。当たり負けすることがなくなると同時に視野も広くなっており、本人も自信を深めているのではないか。

 欲を言うと、後ろでパスをさばくだけではなく、ペナルティエリアに入っていく回数をもっと増やして、ゴールに絡んでもらいたい。ミドルレンジからのシュートも決めているので、もちろんそれも武器として持っていてほしいが、もっとゴール前に出ていくシーンを見てみたい。そういうところでプレイの幅を広げていけば、代表入りの可能性も出てくると思う。

 柴崎だけでなく、Jリーグで成長して代表に名乗りを上げる若手が次々に現れることを期待したい。

関連記事