2012.11.12

【フットサル】W杯8強入りならずも、
受け継がれた『キング・カズ』の魂

  • 北 健一郎●文 text by Kita Kenichiro
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

カズが挑んだフットサルW杯。日本は決勝トーナメント1回戦で惜しくも敗れた。 歴史は変えた。だが、大きく動かすまでには至らなかった。

 フットサルW杯で史上初めてグループリーグを突破した日本代表だったが、決勝トーナメント1回戦でウクライナに3-6で敗れてベスト8入りはならなかった。ミックスゾーンに現れたカズこと三浦知良は、悔しさをにじませながら敗戦を振り返った。

「悔しいです。それに、ずっとやってきた人たちは僕以上にいろいろな思いがあるだろうから、余計にベスト8に行きたかったな、と思っています。自分の力でベスト8に連れて行くのは難しいと思うんですけど、そういう舞台にみんなで行きたかった。ただ、今回負けてW杯は終わりましたけれども、日本フットサル界にとっては、今日からがまた新たな出発だと思います」

 カズにとって最初で、おそらく最後になるであろうフットサルW杯は幕を閉じた。大会1カ月前の代表チーム合流から、国内で親善試合を2試合こなし、3試合目にして世界最高峰のW杯の舞台に立ち、そこで4試合に出場した。出場時間は4試合で30分弱。ゴール数はゼロ。本人はこの結果をどう受け止めたのか。

「グループリーグを突破するというのが、最低のノルマとしてあった。それについては、チームの雰囲気をポジティブなものにして、決勝トーナメントに行くという手助けはできたのかなと思います。でも、メンタル面では引っ張れても、ピッチの中で引っ張ることができなかったのは、悔しいというか、自分的には情けない気持ちがあります」