アンダー世代代表常連の三戸舜介が見据えるパリ五輪の先「海外行きたい欲がもう、バカみたいに...笑」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by AFLO

サッカー日本代表「パリ世代」インタビュー10
三戸舜介(アルビレックス新潟/MF)後編

◆三戸舜介・前編>>164cmの小兵MFは異例の存在「大きな壁、大きな挫折はまだない」

 15歳だった2017年に、自身初となる年代別日本代表(U-15代表)に選出されて以降、各年代で代表メンバーに加わってきた三戸舜介。国際経験は豊富で、2019年にはU-17ワールドカップにも出場し、世界の強豪と覇を競ってきた。

 現在も"パリ世代"のひとりとしてU-22代表に名を連ねる三戸は、進化を続けるチームにあって、イングランドやオランダといった強豪相手との強化試合で活躍。キレのいいドリブルだけでなく、アルビレックス新潟で培った巧みなポジション取りで、攻撃にアクセントをもたらしている。

 年代別代表の常連であり、常に世界を見据えて戦ってきた三戸が、次に定めるターゲット。それは言うまでもなく、来年のパリオリンピックである。

   ※   ※   ※   ※   ※

三戸舜介(アルビレックス新潟)2002年9月28日生まれ三戸舜介(アルビレックス新潟)2002年9月28日生まれこの記事に関連する写真を見る── 初めての年代別日本代表となるU-15代表に選ばれた時は、どんな気持ちでしたか。

「選ばれるとは思っていなかったので、ビックリしましたけど、やっぱりうれしかったですね。本当に選ばれるんだ......みたいな(笑)。自分もそういうところに行けるんだなって思ったのが最初です」

── 当時のU-15代表は、2年後のU-17ワールドカップを目指すチーム。本大会まで絶対に残ってやるという気持ちもあったのではないですか。

「『残ってやる!』っていうより、『残りたいなぁ』っていうくらい。当時はまだ『プロになれるのかな』って思っていたころでしたし」

── 翌2018年にアジアU-16選手権(兼U-17ワールドカップ最終予選)で優勝し、本大会への出場権を獲得。そのあたりからは意識が変わってきましたか。

「その頃によく言われていたのは、「(過去の例では)最終予選と本大会では大きくメンバーが入れ替わるよ」ということ。でも、最終予選で優勝したことで、U-17ワールドカップに行きたいっていう気持ちがさらに強くなったというか、『絶対に出たいな』とは思っていました」

1 / 5

プロフィール

  • 浅田真樹

    浅田真樹 (あさだ・まさき)

    フリーライター。1967年生まれ、新潟県出身。サッカーのW杯取材は1994年アメリカ大会以来、2022年カタール大会で8回目。夏季五輪取材は1996年アトランタ大会以来、2020年東京大会で7回目。その他、育成年代の大会でも、U-20W杯は9大会、U-17W杯は8大会を取材している。現在、webスポルティーバをはじめとするウェブサイトの他、スポーツ総合誌、サッカー専門誌などに寄稿している。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る