2022.06.16

森保ジャパンに膨らむ不安。南野拓実と鎌田大地の立ち位置から見えるチームの閉塞感

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

 現在の日本代表に対照的なふたりがいる。

 南野拓実と鎌田大地だ。

 南野が所属するのは、イングランド・プレミアリーグのリバプール。昨季はUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、国内リーグでいずれも2位となるなど、世界最高レベルにあるクラブのひとつだ。

 しかし、南野個人はというと、リーグ戦やCLでの出番は限られ、事実上の国内カップ戦要員。試合に出れば点をとるという活躍を見せてはいたが、本人曰く「大したことをしたとは思っていない。手応えより悔しさしかなかった」。

 南野が振り返る。

「(国内カップ戦を)どうでもいい試合とは思わないが、(CLやリーグ戦の)重要な試合に出て結果を残すことに意味がある。もっと重要な試合で結果を出せる選手になりたい」

ドイツで充実のシーズンを送ってきた鎌田大地だが...ドイツで充実のシーズンを送ってきた鎌田大地だが... この記事に関連する写真を見る  一方、鎌田が所属するのは、ドイツ・ブンデスリーガのフランクフルト。昨季はUEFAヨーロッパリーグ(EL)で優勝の栄誉に浴したが、国内リーグは11位と優勝争いには程遠い順位にいたクラブである。ヨーロッパではもちろん、ドイツ国内でもトップレベルのクラブとは言い難い。

 だが、鎌田個人はと言うと、リーグ戦やELにおいて攻撃の中心的役割を担い、特にELでは得点ランク4位タイの5ゴールを記録。国際舞台での強さを発揮し、クラブにとって42年ぶりのヨーロッパタイトル獲得という歴史的偉業達成に大きく貢献した。

「ネーションズリーグを見ているが、ドイツもスペインもワールドカップで優勝した時ほどの強さはない。苦戦しているなっていう印象がある。今の日本なら(ワールドカップで)うまく戦えると思う」

 そんな言葉を口にできるのは、バルセロナをはじめとする強敵を下したELでの経験があればこそ。所属クラブの格という点では、南野が鎌田を圧倒するものの、どちらがより充実したシーズンを過ごしたかは、比べるまでもないだろう。