2022.04.06

サッカー日本代表、カタールW杯本番のメンバーはこれだ! 識者5名が顔ぶれを考えた

  • photo by Sano Miki

カタールW杯本大会行きを決めたサッカー日本代表。グループリーグは厳しい戦いになるが、それに臨むメンバー構成はどうあるべきか。5人のサッカーライターに、本番では「こうあってほしい」というメンバーを選んでもらった。なお、今回は導入が検討されている26人登録、5人交代制を視野に入れている。

◆ ◆ ◆

カタール行きを決めたサッカー日本代表。年末のW杯本番はどんなメンバーになるだろうかカタール行きを決めたサッカー日本代表。年末のW杯本番はどんなメンバーになるだろうか この記事に関連する写真を見る アタッカー陣を多めに

杉山茂樹(スポーツライター)

この記事に関連する写真を見る FW/鈴木優磨、大迫勇也、鎌田大地、原大智 
FW/三笘薫、仲川輝人、伊東純也、坂元達裕 
MF/遠藤航、守田英正、田中碧、久保建英 
DF/酒井宏樹、山根視来、冨安健洋、小池龍太、安西幸輝、岩田智輝、吉田麻也、谷口彰悟、板倉滉、中山雄太、旗手怜央 
GK/権田修一、シュミット・ダニエル、川島永嗣

 森保一監督が選びそうな選手ではなく、こちらが選びたい選手を選んだ。

 23人から26人へ、増えた3枠はアタッカー陣に回す。選手交代5人制では、アタッカー陣をフレッシュに保とうと、交代選手をそこへ次々に投入する。その顔ぶれをいかにバラエティに保つか、これがこの選考の一番のコンセプトになる。

 復活させたのは鎌田大地。ボールが収まる0トップも可能なセンタープレーヤーを、そもそも外す意味がわからない。パスワークを重視する日本サッカーには欠かせないパーツだ。

 鈴木優磨もそのひとり。さらに彼はウイングプレーもできる多機能型だ。監督にとって本来、使い勝手がいいはずの選手を森保監督はなぜ選ばないのか。1トップには大迫級が最低3人欲しい。191cmの高さに加え、速さもある原大智にも期待したい。

 ウイングはスピード系より技巧系、大型選手より小兵選手を相手が嫌がるパーツと判断。坂元達裕、仲川輝人を加えた。オーステンデに移籍し、トップ下としても行けそうな選手にプレーの幅を広げた坂元は、ファンタジスタ的な要素を含んだ面白い存在になれると確信する。

 中盤以下では、今日の横浜F・マリノスの攻撃陣を後方から支える多機能型選手、岩田智輝、小池龍太を加えた。問題の左サイドバックは、鹿島アントラーズの安西幸輝を選びたい。長友佑都よりスピーディーでパワフル。なぜ森保監督が代表から外してしまったのか、これまた解せない選手のひとりだ。

 所属のリバプールで出場機会に恵まれない南野拓実は、4-3-3のなかにハマるポジションがないため、思いきって選外とした。