2022.02.23

宇津木瑠美が語るどん底だった「空白の1年」。日本代表選手がなぜサッカーから離れたのか

  • 早草紀子●取材・文・撮影 text&photo by Hayakusa Noriko

宇津木瑠美が語る
「空白の1年と復帰」(前編)

 2011年、なでしこジャパンがW杯で世界一になり、宇津木瑠美はゴールドテープが舞う景色を目の当たりにした。それからも代表というチームを支え続けてきたが宇津木は2019年のW杯以降、突如としてピッチから姿を消した。

サッカーから離れた理由や離れている間について語った宇津木瑠美サッカーから離れた理由や離れている間について語った宇津木瑠美 この記事に関連する写真を見る  自らサッカーを離れ、周りを遮断し、自分の存在意義をとことん探す1年を過ごしていた。そして2021年9月、古巣である日テレ・東京ヴェルディベレーザへの復帰が発表され、11年ぶりに宇津木は日本のピッチに戻ってきた。どんなときでも凄まじい熱量で"なでしこジャパン"と向き合ってきた彼女をそこまで苦しめていたのは何だったのだろうか。

 2019年の女子W杯フランス大会――。海外での経験値が高い彼女は、いつもチームを鼓舞する存在だった。"なでしこジャパンの継承"という責任が彼女を突き動かしていたと言っていい。練習でも、海外仕様のパスで主力の弱いところを突くこともあったが、彼女なりの仲間への強いメッセージだった。

 そんな彼女がこの大会では、何度も揺らいでいた。ケガで途中から別メニューを強いられたことも要因のひとつではあったが、何よりも急速に彼女の気持ちがチームから離れていく様子が見てとれた。必死に気持ちを奮い立たせて無理にでも前を向いて声を出す。しかし、またも気持ちは折れる......。大会中にすでに宇津木の心は悲鳴を上げているように見えた。

「自分自身があれほどそこに何もない大会というのが、北京オリンピック前に(なでしこジャパンに)入ったばっかりで何もわからない状態でプレーしていたとき以来のことで、悔しいと思う資格もなかった。自分にも落ち度はたくさんあって......弱さが出た。ベンチの選手の重要性は身に染みて理解していたはずなのに、『自分は必要ない』って思ってしまったんです。もうちょっといろんな角度から見られれば新しい何かを見つけられたかもしれないけど、限界でした」

 それは、決して「ケガでピッチに立てないから」などという自分本位なものではない。宇津木は、主力として戦った実感がなかった2011年のW杯優勝を複雑な気持ちで受け止めていた。それでも2015年のW杯カナダ大会では、主力の一員として再びファイナリストにまで上り詰めた。決勝ではアメリカに完敗を喫すも、すべての力を出しきった上での決着に納得もしていた。