2022.01.31

日本代表にスペインの名指導者が感じたプレー精度の不安。「セットプレーもバリエーションを増やすべき」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

「遠藤航を中心に、田中碧、守田英正で構成した中盤のトライアングルはよく機能していた。彼らとディフェンスライン、アタックラインが近い距離を保ち、ボールを動かし、プレーのリズムを作っていたと言える。特に前半は完全にゲームを支配していた」

 これまで多くの選手の育成に関わってきたスペインの慧眼、ミケル・エチャリはそう言って、カタールW杯アジア最終予選、日本が中国に2-0と勝利した試合を振り返っている。

 エチャリは2009年からSportivaに日本代表のスカウティングリポートを記してきた。あくまで落ち着いた分析が特徴だが、率直に苦言を呈した時、それらは多くの場合、的中している。たとえば、岡田ジャパンの不備を見抜いて事前にアンカーシステム採用を推奨し、ザックジャパンに対しては「攻撃が前がかりになりすぎる」と攻守のバランスの悪さを戒めた。

 そのエチャリは今回の中国戦に及第点を与えつつ、不安な点も指摘している。

前半は際立ったポジショニングでチームのバランスを取っていた遠藤航前半は際立ったポジショニングでチームのバランスを取っていた遠藤航 「立ち上がりの日本はいくらか慎重すぎたか。攻守のバランスを重んじるあまり、攻撃でのプレースピードが鈍かった。中国がマンマークに近い守備をしてきたこともあったかもしれない。スローインから伊東純也が抜け出し、酒井宏樹のミドルを拾った大迫勇也がシュートを狙うシーンは作ったが、脅威を与えることはできなかった。

 前半のベストプレーヤーと言える活躍をしたのは遠藤だろう。際立ったポジショニングで、プレーの"発信地"となっていた。彼を中心に田中、守田が絡み、ディフェンス、アタックラインが機能していった。そのバランスによって攻守を安定させ、前半は敵をほとんど陣内に寄せつけず、試合を支配しながら徐々にチャンスの数も増やしていった。

 13分、伊東が右サイドを抜け出し、折り返しをディフェンスが振り上げた手に当て、ハンドでPKを得た。これを大迫が冷静に蹴り込んでいる。

 前半で日本は1-0とリードした。南野拓実、大迫などのコンビネーションは悪くなかったし、個人の力量も見せている。ほぼ、相手にサッカーをさせていない。