2022.01.18

加地亮の日本代表ベストゲーム。「ヒデさんや俊輔さんとは喋った記憶がない。それでよくサッカーができたな」

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by (C)Enrico Calderoni/AFLO SPORT

日本代表「私のベストゲーム」(6)
加地亮編(前編)

これまでに数多くの選手たちが日本代表に選出され、W杯やW杯予選、アジアカップやコンフェデレーションズカップなど、さまざまな舞台で活躍してきた。そんな彼らにとって、自らの「ベストゲーム」とはどの試合だったのか。時を経て今、改めて聞いてみた――。

 初めての試合。それはいつまでも心に残る、思い出深い記憶であるに違いない。ましてサッカー選手の憧れであり、名誉でもある代表チームでのこととなれば、なおさらのことだろう。

 日本代表として通算64試合に出場した加地亮にとっても、デビュー戦はいまだ忘れることのできない特別な一戦だ。

「初招集で初スタメン。このチャンスをつかめなかったら終わりだろうなって自分では思っていました。そのなかでチームは結果を出すことができましたし、自分のパフォーマンスとしても特長を出せたので、この試合はよく覚えています」

 2003年10月8日、日本代表が敵地チュニスに遠征して行なわれた、チュニジアとの親善試合である。

日本代表初招集初スタメンとなったチュニジアとの親善試合で存在感を示した加地亮日本代表初招集初スタメンとなったチュニジアとの親善試合で存在感を示した加地亮 この記事に関連する写真を見る 「パスポート持っているか?」

 加地の日本代表ベストゲームにまつわるストーリーは、そのひと言から始まった。

「(当時所属していた)FC東京の強化部長から、急に聞かれたんです。でも、パスポートなんてしばらく使っていなかったので、『たぶんあると思うんですけど、有効期限がどうなっているか......』って言ったら、『代表に選ばれるかもしれないから』って。

 そこからは、ちょっとビクビクしていましたね。逆に、パスポート(の有効期限)が切れていてほしいな、って(笑)」