2021.09.02

憲剛さん寿人さん、W杯予選突破は当たり前? 答えは「簡単に言うなよ(笑)」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

中村憲剛×佐藤寿人
第5回「日本サッカー向上委員会」@後編

 1980年生まれの中村憲剛と、1982年生まれの佐藤寿人。2020年シーズンかぎりでユニフォームを脱いだふたりのレジェンドは、現役時代から仲がいい。気の置けない関係だから、彼らが交わすトークは本音ばかりだ。ならば、ふたりに日本サッカーについて語り合ってもらえれば、もっといい未来が見えてくるのではないか。飾らない言葉が飛び交う「日本サッカー向上委員会」、第5回はU−24日本代表の東京オリンピック総括と、これからスタートするW杯アジア最終予選について語ってもらった。

「第5回@前編」はこちら>>  「第5回@中編」はこちら>> 

   ※   ※   ※   ※   ※

久保建英(左)や堂安律(右)はA代表でも主力となれるか久保建英(左)や堂安律(右)はA代表でも主力となれるか この記事に関連する写真を見る ---- 日本代表がワールドカップでベスト16の壁を越えるという成功体験を得るためには、どうしたらいいのでしょうか。

中村 もちろん何かの拍子というのは、先達がやって来たことの積み上げの先にあることだと思います。今回の五輪でも期待感は上がっているなかで、ある程度成果を見せられたのは、これまでの積み上げが大きかったと思います。

 これでつながっていくと、五輪やワールドカップでも予選を突破するのは当たり前になる。つまり、日常の基準値を上げていくしかないのかなと思います。

佐藤 この世界は、魔法があるようでないじゃないですか。もちろん、戦術的なアプローチでセンセーショナルを生み出す名将が現れることもありますけど、現実的に現場でやっていることは、当たり前のことの質をいかに高く求めていくかということ。そういうところをまずはやり続けることが大事になってくるんだと思います。

 もちろん、検証するのは必要なこと。何かが足りないからこそ、今回の五輪にしても、これまでのワールドカップにしても、目標とする場所にたどり着けていないわけで。そういう結果になっている以上は、しっかり検証していく必要があると思います。