2021.09.02

中村憲剛、佐藤寿人の本音爆発「五輪代表で一番合っていたコンビは…」

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

中村憲剛×佐藤寿人
第5回「日本サッカー向上委員会」@中編

 1980年生まれの中村憲剛と、1982年生まれの佐藤寿人。2020年シーズンかぎりでユニフォームを脱いだふたりのレジェンドは、現役時代から仲がいい。気の置けない関係だから、彼らが交わすトークは本音ばかりだ。ならば、ふたりに日本サッカーについて語り合ってもらえれば、もっといい未来が見えてくるのではないか。飾らない言葉が飛び交う「日本サッカー向上委員会」、第5回はU−24日本代表の東京オリンピック総括と、これからスタートするW杯アジア最終予選について語ってもらった。

「第5回@前編」はこちら>>

   ※   ※   ※   ※   ※

中村憲剛氏と佐藤寿人氏が注目した五輪代表選手は?中村憲剛氏と佐藤寿人氏が注目した五輪代表選手は? この記事に関連する写真を見る ---- 東京オリンピックではメダルに届かなかったとはいえ、U−24日本代表のプレーで今後につながる希望は見えましたか?

中村 フィジカル負けをしなかったところは、個人的には発見でした。これまで日本の主な敗因として「フィジカルが......」という枕詞がついてきましたけど、今回負けたのはスペイン、メキシコと、ボールワークで戦ってくる相手であって、最後のところで身体を張ることや局面の争いで劣っていると感じることは少なかったですね。

 やっぱり、海外でやっている選手が多かったこともありますし、育成から積み上げてきている部分もあると思います。もちろん、ブラジルとかと比べるとまだまだだなと感じる部分もありましたけど、スピード感、フィジカル能力であからさまに負けたと感じることはなかった。それは、これまでの国際大会を見たなかでは初めての感覚でしたね。

佐藤 たしかに、一人ひとりがしっかりと戦えていたし、張り合えていましたよね。そこは大きな収穫だったと思います。ただ、得点を奪うというところで言うと、どうしても足りないと感じる部分が多かった。タスクが多いのはもちろんありますけど、ストライカーのポジションの選手に得点を求めていかないといけないなというのは、あらためて課題だと感じました。