2021.06.30

「このピッチから去りたい」日本代表、サンドニの悲劇。戦えたのは中田英寿だけだった

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 赤木真二●写真 photo by Akagi Shinji

日本代表が強豪国と戦う時(1)~フランス

 ユーロ2020が1年遅れで開催されている。新型コロナウイルスの感染を抑え込んでいる地域では満員のスタジアムもあって、久々にサッカーの熱狂を取り戻したような雰囲気だ。キリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン)やカリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)などを擁するフランスは、決勝トーナメント1回戦で伏兵スイスに敗れたとはいえ、優勝候補としてこの大会でも注目の的だった。

 欧州各地では血沸き肉躍る戦いが繰り広げられ、お互いが切磋琢磨しているように映る。
一方で日本は、欧州の列強と試合を組むのが難しい局面を迎えている。ワールドカップ予選、ユーロ予選に加えて、欧州ネーションズリーグが発足し、過密日程で親善試合のマッチメイクの交渉は難航。コロナ禍もあって、南米も含めた「世界」との距離を測るのが難しい時代になりつつある。

 サッカーは写し鏡のようだ。

 相手次第で、己の本性があぶり出される。強大で老練なチームを相手にする場合は、脆さや無垢さが露わになる。それを糧にできるかできないかで、その後の運命は大きく変わる。その点、「強敵は最大の友人」とも言えるだろう。

 あらためて、日本代表は強敵から何を学んできたのか――振り返る意味はあるだろう。過去にワールドカップを制した8カ国を中心に強豪国との一戦を取り上げ、日本サッカーを再検証する。

 短期集中連載の第1回は、2度の欧州王者、2度の世界王者に輝いたフランス。かつて、日本は手ひどくやられており、今年7月には、U-24代表が東京五輪でも同組で対戦する予定だ。

2001年、サンドニで行なわれたフランス戦に出場した日本代表の中田英寿2001年、サンドニで行なわれたフランス戦に出場した日本代表の中田英寿  2001年3月、パリ郊外にあるサンドニ。1998年のフランスワールドカップ決勝の地になったスタジアムで、日本はフランスの胸を借りている。当時、フィリップ・トルシエに率いられた日本はアジア王者に輝いた後で、天を衝く勢いだった。しかし当時、ジネディーヌ・ジダン、ティエリ・アンリ、ロベール・ピレス、マルセル・デサイーなどを擁したフランスに、その未熟さを思い知られる。